image

スポットの詳細

菊川市のおすすめスポット

平田稲荷

菊川市下平川地内の高台にある神社。辺りにはきれいな茶園の風景が広がっています。

 

菊川市下平川 付近

 

菊川赤レンガ倉庫

 

JR菊川駅から100mほど南に堂々と建っている赤レンガ倉庫。

 

 

明治33年(1900年)に製茶再製工場として建てられた、100年以上の歴史ある建物です。

 

茶葉を保管するための倉庫として使われていた他、「合組(ごうぐみ)」と呼ばれる茶葉のブレンド作業が行われていたと考えられています。

 

 

国の登録有形文化財であり、当時の製茶工場の様式を現在に伝える日本で唯一の産業資産です。

 

 

日曜10時-16時に開館しており、その他の時間の見学は予約制です。

 

 

建物は貸しスペースとして、定期的にイベントが行われています。

 

裏手のベンチでは歴史を感じながら小休憩できます。

 

 

 

 

≫菊川赤レンガ倉庫HP

Google Map

菊川市堀之内1425

 

san grams (サングラム)

 

菊川駅から徒歩3分。現代的な建築が目を引く外観。お店のマークがプリントされた暖簾をくぐると、贈り物として喜ばれそうな洗練されたパッケージのお茶やグッズが並んでいます。

 

 

開放感のある庭でくつろげるテラス席と、外の光と内装を楽しむ室内席を選ぶことができます。

 

 

それぞれのお茶の違いがわかるこだわりのメニューが揃います。種類ごと飲み比べてみると違いを感じられます。店員さんに頼めば試飲ができるものも。旨みを一番いい状態で味わえるように、淹れ方から丁寧に教えてくれます。

 

 

お茶に合わせたお茶うけもついています。カフェタイムに楽しめる、お茶の香りが漂うシフォンケーキや、抹茶プリンなど数多くのメニューが楽しめます。

 

 

お店の奥のイラストでどの地域の茶葉なのか、見ることができます。緑茶以外に、香りのよい紅茶も売っています。

 

 

≫san grams(サングラム)HP

 

Google Map

菊川市堀之内1−1

 

 

菊川市倉沢の棚田
『千框(せんがまち)』

 

菊川市北東部に位置する「倉沢の棚田」は「千框(せんがまち)」と呼ばれ昭和40年頃には一面に棚田が広がり総面積10.1ha、3,000枚以上から構成され、JR東海道本線の車窓からも展望でき、昔から旅人に美しい農村景観として親しまれてきましたが、時代の変化に伴って、荒れてしまいました。

 

 

その後、地元の有志やボランティアの活動により、棚田の復元が行われ、現在の美しい景観を取り戻しています。現在はNPO法人「せんがまち棚田倶楽部」が主体となって復田と保存・維持の活動が続けられています。

 

 

なお、近代になって棚田の一部は茶草場として利用されてきました。この田んぼと茶草場を行き来できる環境が、生物の多様性を育むうえで重要であることが分かり、世界農業遺産「静岡の茶草場農法」に含まれることとなりました。

 

 

≫棚田いこうよHP

Google Map
菊川市倉沢1121-1
カーナビ:「上倉沢公会堂」(電話0537-35-5352)に
セットしてください。
問い合わせフォーム
各種お問い合わせはこちらからどうぞ
世界農業遺産 静岡の茶草場農法
世界農業遺産「静岡の茶草場農法」
推進協議会
【事務局】静岡県経済産業部農業局お茶振興課内
〒422-8067 静岡県静岡市駿河区南町14-1水の森ビル3階
TEL: 054-202-1488
世界農業遺産に認定された「静岡の茶草場農法(しずおかのちゃぐさばのうほう)」公式情報発信サイトです。茶草場農法は、良質な茶生産と生物の多様性保全が両立する世界的にも貴重な農業文化です。このサイトでは、茶草場農法をより知っていただくための情報として観光や撮影スポット、アクセス等をご紹介していきます。
Copyright (c) 2017 Shizuoka Prefecture. All Rights Reserved.
TOPページ
世界農業遺産の紹介
静岡の茶草場農法
茶草場へのアプローチ
茶草場農法が守る自然
茶草場を旅しよう
茶草場のお茶を買う
世界農業遺産「静岡の茶草場農法」応援制度
資料ダウンロード
プレスリリース/ギャラリー
動画ギャラリー
リンク
応援ロゴマークについて
茶草場農法実践者認定制度
お問い合わせ