image

茶草場の旅

#2 知的好奇心の旅

 

ここにしかない
ちいさないのちに 逢いにいこう

 

 

 

ここにしかない、自然に出逢いにいく

 

 

 

 

ずっと守られてきたもの

春夏秋冬、色とりどりの衣をまとう山。津々浦々、見事に装いを変える草花。日本は優美な風物にあふれている。 近代化が進む今でさえそうなのだから、自然がたくさん残っていた50年前、100年前は、さぞ美しかったのだろう。 タイムトリップはできないけれど、あちこちで失われた昔ながらの景観に逢いに行くことはできる。 それが静岡県掛川市の東山周辺に広がる茶草場だ。

 

ここには絶滅危惧種のキキョウやキンランをはじめ、300種以上の草地 性植物がにぎやかに寄り添い、いのちを育んでいる。地産の茶や商品を取り扱い、 地域の情報発信所でもある「東山いっぷく処」を訪ねると、地元に詳しい茶農家の方が、 いろいろと教えてくれた。

 

 

 

 

「たとえば春の訪れを告げるハルリンドウは、土が湿るころに薄紫色の花を咲かせます。 甘い香りのするニオイタチツボスミレもそうですね。マントヒヒの顔に見立て名付けられたショウ ジョウバカマなんてユニークな花も春先です。初夏なら絶滅危惧種のフジタイゲキが見ごろかな。 静岡県内だけ、それも茶草場周辺でしか見られません。開花までに7年もかかる、ササユリの薄 いピンクの花びらもキレイですよ」

 

 

 

 

多様な生物が息づく理由は、世界農業遺産に認定された茶草場農法にある。
ふつうの草刈りは、大きく成長する梅雨前に行う。しかし茶草場では、夏に 成長した草花が種を落とす秋に実施。春になると、まっさらに刈り取られた 地表に光がしっかりと当たり、新たないのちが芽吹く。うして昔から自然と 生物多様性が守られ、今では学者や学会が驚くほどの貴重な土地となった。

 

 

 

 

地域に3か所ある見晴らしのいいビューポイントの袖では、それぞれに多彩 な草花がゆれる。子連れの親子がそれを指さし、幸せそうに微笑んでいた。

 

 

 

知るほど楽しい、茶草場の魅力

カケガワフキバッタ

 

 

遠州を代表する二大河川、天竜川と大井川にはさまれた、ごくわずかな地域にしか生息していない 希少なバッタ。羽がなく、飛べないのが特徴。静岡県の絶滅危惧種。

 

 

 

 

自然豊かな茶草場には他にも、空を舞う姿が美しいサシバ(タカ科)などの絶滅危惧種をはじめ、 たくさんの生物が息づいている。

 

 

 

風情ある「秋の七草」

 

 

七草がゆで有名な「春の七草」は、主に食べる草花。対して「秋の七草」と呼ばれる、 キキョウ、ハギ、ススキ、葛、なでしこ、オミナエシ、フジバカマは、古くから茶道や華道の席でも親しまれてきた、 見て楽しむ草花。中には絶滅が危惧されているものもあるが、茶草場にはそのほとんどが生息しており、 秋の風情を演出している。

 

 

>#1 美景と茶を楽しむ旅へ >#3 歩く・登る・走る旅へ

 

>茶草場を旅しようページへ

 

問い合わせフォーム
各種お問い合わせはこちらからどうぞ
世界農業遺産 静岡の茶草場農法
世界農業遺産「静岡の茶草場農法」
推進協議会
【事務局】静岡県経済産業部農業局お茶振興課内
〒422-8067 静岡県静岡市駿河区南町14-1水の森ビル3階
TEL: 054-202-1488
世界農業遺産に認定された「静岡の茶草場農法(しずおかのちゃぐさばのうほう)」公式情報発信サイトです。 茶草場農法では、高品質な緑茶を生産しようとする農法により希少植物が守り伝えられ、豊かな生物多様性の里山が保全されてきました 茶草場農法をより知っていただくための情報 観光 撮影スポット アクセス等をご紹介していきます。
Copyright (c) 2017 Shizuoka Prefecture. All Rights Reserved.
TOPページ
世界農業遺産の紹介
静岡の茶草場農法
茶草場へのアプローチ
茶草場農法が守る自然
茶草場を旅しよう
茶草場のお茶を買う
資料ダウンロード
プレスリリース/ギャラリー
動画ギャラリー
リンク
応援ロゴマークについて
お問い合わせ