image

茶草場の旅

#3  歩く・登る・走る旅

息を切らす 標高が上がる 景色が変わる

 

 

 

神秘に満ちた、天空の森をめざして

 

 

 

 

なんど登っても 尽きせぬ魅力

あざやかな茶園の合間を通り抜け、掛川市東山地区のシンボル「粟ヶ岳」に着いた。 週末はハイキングやサイクリング客でにぎわっている。登山のスタート&ゴール地点となる麓の休憩所 「東山いっぷく処」には、無料駐車場とサイクルラックが完備され、山歩きを楽しむトレッキングや、 ロードバイクで登坂タイムを競うヒルクライムには好都合なのだ。標高532mのほどよい高さも人気の秘訣だろう。

 

粟ヶ岳には名前と登頂回数を記帳できる「登山ノート」がある。中を見れば、まずおどろく。 1000回以上登山した人、自転車で一日7往復した人、毎月登りに来るグループと、リピーターが多い。 それほど魅力的なのだろう。

 

 

 

 

山頂を目指し歩き出す。隣をロードバイカーたちがダンシング(立ち漕ぎ) で駆け抜けていく。しばらくすると、桜並木が見えてきた。春の陽光に照らされた、 まぶしい桜の優雅な姿を思う。眼下には、たおやかに波打つ茶園が広がっている。高度で移り変わる世界農業遺産に選ばれた 秀逸な景観は、粟ヶ岳登頂の醍醐味の一つ。

 

 


 

 

山頂の阿波々神社に参拝した後に必ず寄りたいのが、原生林が生い茂る神秘的な森。「鎮守の森」と呼ばれるこの森には、神が降り立ったと伝わる巨石群「磐座」が鎮座している。

 

 

苔に覆われた巨石と原生林があやなす光景には言葉を奪われる美しさがあり、雲が降りてくる日は幻想的ですらある。 湿った草木の匂い。深く息を吸い込むと、体の内で何かが癒されていくのを感じる。

 

 

 

 

 

 

知るほど楽しい、茶草場の魅力

粟ヶ岳登山口 無料駐車場、駐輪場

 

粟ヶ岳登山のスタート&ゴール地点となる休憩所「東山いっぷく処」 には、無料駐車場とサイクルラックを完備。おいしいお茶もふるまってくれる。 登山回数と名前を記帳できる「登山ノート」もここに。 店員は地元民なので、周辺の見どころなども教えてくれる。

 

 

阿波々神社とパワースポット

 

粟ヶ岳山頂の阿波々神社は、天平8年(736年)に創設された由緒ある社。 社殿の左奥には「無間の井戸」があり、「どんな欲望も叶える」とされた 「無間の鐘」を沈めたという伝説がある。

 

神聖な空気に満ちた磐座のある「鎮主の森」は、幹周1m以上の大木が200本以上ある県の天然 記念物。御神木のスギは高さ33m、直径3.3m。森全体が東山のパワースポットとなっている。

 

 

 

 

 

>#1 美景と茶を楽しむ旅 >#2 知的好奇心の旅

 

>茶草場を旅しようページへ
問い合わせフォーム
各種お問い合わせはこちらからどうぞ
世界農業遺産 静岡の茶草場農法
世界農業遺産「静岡の茶草場農法」
推進協議会
【事務局】静岡県経済産業部農業局お茶振興課内
〒422-8067 静岡県静岡市駿河区南町14-1水の森ビル3階
TEL: 054-202-1488
世界農業遺産に認定された「静岡の茶草場農法(しずおかのちゃぐさばのうほう)」公式情報発信サイトです。 茶草場農法では、高品質な緑茶を生産しようとする農法により希少植物が守り伝えられ、豊かな生物多様性の里山が保全されてきました 茶草場農法をより知っていただくための情報 観光 撮影スポット アクセス等をご紹介していきます。
Copyright (c) 2017 Shizuoka Prefecture. All Rights Reserved.
TOPページ
世界農業遺産の紹介
静岡の茶草場農法
茶草場へのアプローチ
茶草場農法が守る自然
茶草場を旅しよう
茶草場のお茶を買う
資料ダウンロード
プレスリリース/ギャラリー
動画ギャラリー
リンク
応援ロゴマークについて
お問い合わせ