image

新着情報

2018年12月11日
「世界農業遺産とティーペアリングを楽しむ会 in Winter」を盛大に開催

 平成30年12月1日(土)に伊東市の高級旅館「ABBA RESORTS IZU 坐漁荘」で、「世界農業遺産とティーペアリングを楽しむ会 in Winter」を開催しました。今回は、坐漁荘様のご協力のもと、「静岡の茶草場農法」のお茶と絶品フレンチのペアリング、世界農業遺産に認定されている静岡のお茶とわさびの各種体験を多くの方に愉しんでいただきました。

 本イベントにご参加いただいた来場者の皆様、茶葉の提供、当日のイベント参加にご協力いただいた実践認定者・販売者の皆様、夏のイベントから当協議会の事業にご協力いただき、イベントを共催した坐漁荘様、各種体験プログラムの実施にご尽力いただいた皆様に感謝申し上げます。

 世界農業遺産「静岡の茶草場農法」認定5周年記念イベントは全ての企画が終了しました。今後も「静岡の茶草場農法」の認知度向上、ブランド力の推進のため、様々な事業に取組んでまいります。

 

【当日ご参加いただいた実践認定者・販売者の皆様】

 ・東山茶業組合 北嶋 昭 様(掛川市)

 ・株式会社原田園 榛村 孝幸 様(掛川市)

 ・岩沢園 岩澤 克彰 様(菊川市)

 ・株式会社いくみ村 齋藤 安彦 様(島田市)

 ・カネトウ三浦園 三浦 克暢 様(島田市)

 ・杉田製茶 杉田 素之 様(牧之原市)

 ・つちや農園 土屋 裕子 様(川根本町)

 

【当日写真】

 

 

 

ABBA RESORTS IZU 坐漁荘 洋食料理長 山本 晋平 様(写真中央)

 

 

 

 

 

オリジナルアロマ作り体験 株式会社アクト・フォ 太田 めぐみ 様(写真右)

 

品種茶飲み比べ体験

 

わさび味比べ体験 静岡県山葵組合連合会 様

 

手揉み茶実演 (公社)静岡県茶手揉保存会 様

 

お茶の淹れ方体験

2018年12月10日
「世界農業遺産とティーペアリングを楽しむ会 in Autumn」を盛大に開催

 世界農業遺産「静岡の茶草場農法」認定5周年イベントとして開催してきた「世界農業遺産とティーペアリングを楽しむ会 in Autumn」が11月末で終了いたしました。

 今回のイベントはルモンドふじがや様のご協力のもと開催し、多くの方が「静岡の茶草場農法」のお茶と鉄板焼きのティーペアリングを愉しみました。

 また、11月11日(日)、23日(金・祝)、24日(土)には特別企画として、通常の「世界農業遺産とティーペアリングを楽しむ会 in Autumn」のメニューをアレンジした特別メニューが振舞われるとともに、茶草場農法の実践認定者が参加され、茶生産のこだわりの講演や美味しいお茶の淹れ方講座を実施しました。

 本イベントにご参加いただいた全ての皆様、特別企画にご協力をいただいたつちや農園様、株式会社荒畑園様、富士東製茶農業協同組合 松浦様、2ヶ月に渡り本イベントのために特別メニューを提供していただいたルモンドふじがや様に感謝申し上げます。

 

【写真一覧】

ルモンドふじがや 白鳥 智香子 様

 

ルモンドふじがや 白鳥 嘉宏 様

 

つちや農園 土屋 裕子 様(川根本町)

 

株式会社荒畑園 荒畑 賀範 様(牧之原市)

 

 富士東製茶農業協同組合 松浦 雅広 様(掛川市)

2018年12月07日
菊川市で「棚田と茶草場の魅力体験会」を開催

 当協議会の構成市町である菊川市の倉沢の棚田「せんがまち」において、「棚田と茶草場の魅力体験会」が開催されました。静岡大学の学生ボランティアや家族での参加者など23名の方が地元NPOのガイドのもと、草刈りや刈干(かっぽし)作りといった茶草場管理作業を行いました。

 作業中には農村地域でも生息数が減っていると言われているカヤネズミの巣を見つけ、参加者からは歓声が上がっていました。

 当協議会では、今後も茶草場農法を応援してくださるボランティアの皆様との連携を進めてまいります。

 

【当日の様子】

 

 

刈干(かっぽし)

 

 

カヤネズミの巣(大変貴重です!)

  

2018年11月16日
第6回 逸品お茶会に茶草場農法実践認定者が出展します

 11月17日(土)、18日(日)に松坂屋静岡店で「第6回 逸品お茶会」が開催されます。「静岡の茶草場農法」の実践認定者である六郷茶農業協同組合(菊川市 17日のみ)、カネトウ三浦園(島田市)、つちや農園(川根本町)が出店し、こだわりのお茶でお客様をおもてなしします。

 イベントの概要は下記のとおりです。多くの皆様のご来場をお待ちしています。

 

 

日 時:平成30年11月17日(土) 10:00~17:30

           18日(日) 10:00~16:30

 

会 場:松坂屋静岡店(静岡市葵区御幸町10-2)

    北館5階特設会場

 

主 催:NPO法人日本茶インストラクター協会 静岡県支部

 

入場料:無料

 

内 容:県内にある個性的なお茶を一堂に感じ、味わえるイベントです。総勢21社が出品する色々なお茶をゆっくり試飲できます。お気に入りのお茶があればその場で購入できます。イベント内ではお茶の種類当てゲーム「百服茶イベント」も開催します。

 

イベントの詳細はチラシをご覧ください。

2018年11月07日
第4回 国産紅茶博覧会 in 東京2018に出展します

 国内の茶生産の継続と発展を目指し、紅茶を取りかかりとして生産地と生産者が直接お客様と触れ合うことを目的に「第4回 国産紅茶博覧会 in 東京2018」が下記のとおり開催されます。

 10日のイベントには、当協議会の会員である島田市と茶草場農法実践認定者のカネトウ三浦園が出展し、茶草場農法のPRや茶草場農法で生産されたお茶の試飲・販売を行います。

 興味のある方はぜひご参加ください。

概 要

イベント

日時:2018年11月10日(土) 16:00~21:00(15:30開場)

会場:HANDS EXPO CAFE(東京都中央区銀座5-2-1 東急プラザ銀座7階)

費用:前売入場チケット:2,000円(当日2,500円)

内容:①出品者による各県の地域紹介、生産者紹介

   ②お茶に関するセミナーの開催

    (キリン株式会社、早稲田大学ナノ・ライフ創新研究機構等が参加予定)

カンファレンス

(研修会)

日時:2018年11月11日(日) 11:30~13:30(11:00開場)

会場:HANDS EXPO CAFE

費用:1,000円(当日受付のみ 試飲付き)

内容:茶の生産者、販売者によるセミナーやパネルディスカッションの実施

イベントの詳細、前売りチケットの購入は下記のページをご参照ください。

【第4回 国産紅茶博覧会 in 東京2018】

2018年11月01日
横浜市で開催される「全国ふるさとフェア2018」に出展します

 「全国の郷土や食文化を広く一般に情報発信しよう」という趣旨のもと、横浜市の横浜赤レンガ倉庫・イベント広場で「全国ふるさとフェア2018」が開催されます。

 当協議会は、「静岡の茶草場農法」の認知度向上、ブランド力強化を目的に国内の世界農業遺産認定地域とともに出展します。イベントでは、牧之原市の杉田製茶に出展してもらい、茶草場農法で生産されたお茶の販売や紅茶の試飲を行っていただきます。

 茶草場農法を多くの方に知ってもらうため、3日間「静岡の茶草場農法」のPRを行います。

 多くの皆様のご来場をお待ちしております。

 

概 要

 

日 時 2018年11月2日(金)  11:00~19:00

        11月3日(土 祝)  10:00~18:00

        11月4日(日)  10:00~18:00

 

会 場 横浜赤レンガ倉庫 イベント広場(神奈川県横浜市中区新港1-1)

2018年10月31日
「世界農業遺産とティーペアリングを楽しむ会 in Autumn」特別企画の 開催について

 当協議会は、世界農業遺産「静岡の茶草場農法」認定5周年記念イベントとして開催している「世界農業遺産とティーペアリングを楽しむ会 in Autumn」の特別企画を下記のとおり実施します。

 特別企画では、「静岡の茶草場農法」を実践しているお茶農家を招き、お茶作りへのこだわりについての講演、美味しいお茶の淹れ方体験講座の開催のほか、この日だけの特別ランチコースをお楽しみいただけます。

 3日間限定での開催ですので、ぜひご参加ください。

 

概 要

 

日 時 2018年11月11日(日)、23日(金 祝)、24日(土)

    各回 11:00~14:00

 

会 場 ルモンドふじがや(静岡市葵区昭和町6-1)

    JR静岡駅より徒歩7分 駐車場はありませんので、近隣のコインパーキングをご利用ください。

 

招待者 11月11日:つちや農園 土屋裕子氏(川根本町)

       23日:(株)荒畑園 荒畑賀範氏(牧之原市)

       24日:富士東製茶農業協同組合 松浦雅広氏(掛川市)

 

内 容 茶草場農法のお茶とルモンドふじがやの絶品鉄板焼のティーペアリングをお楽しみください。

    ☆特別ポイント1

    お茶農家によるお茶作りへのこだわりについての講演と美味しいお茶の淹れ方講座を開催します。

 

    ☆特別ポイント2

    通常メニューをベースに招待者のお茶に特化した1日限定の特別な一皿をお楽しみいただけます。

 

参加費 5,000円(税込)

    お子様用メニューもございます。(3,000円 税込)

 

ご予約・問い合わせ先 世界農業遺産「静岡の茶草場農法」推進協議会

電話:054-202-1488 FAX:054-202-1480 E-Mail:shizuokanochagusaba@gmail.com

開催日の3日前までにご予約ください(各回先着16名)。

詳細はチラシをご覧ください。

 

10月21日(日)の中日新聞で、当イベントの紹介記事が掲載されました。

今後もさらに多くの皆様にティーペアリングを体験していただきたいと考えています。

皆様のご参加をお待ちしています。

【新聞記事リンク】

 

 

 

2018年10月26日
新宿駅で開催される「地域のちからコレクション2018」に出展します

日本各地の地域活性化の取組発表や地域の特産物の販売・展示を行う「地域のちからコレクション2018」が下記のとおり開催されます。

当協議会は、「静岡の茶草場農法」の認知度向上、ブランド力強化を目的として、国内の世界農業遺産認定地域とともに出展します。

イベントでは、菊川市の株式会社丸松製茶場に出展してもらい、茶草場農法で生産されたお茶や茶関連商品の販売を行っていただきます。

首都圏でのイベントのため、多くの方に茶草場農法を知ってもらう機会として、精力的に「静岡の茶草場農法」のPRを行います。

興味のある方はお立ち寄りください。

概 要

 

日時 平成30年10月29日(月) 11:30~20:00

                     10月30日(火) 10:00~20:00

                     10月31日(水) 10:00~17:00

 

会場 新宿駅西口広場イベントコーナー(JR新宿西口直結スペース)

         東京都新宿区西新宿一丁目地先

 

【昨年の出展の様子】

 

2018年10月25日
菊川市 せんがまちの棚田で稲刈りが行われました

10月20日(土)に、菊川市上倉沢の棚田「せんがまち」で稲刈りが行われました。NPO法人せんがまち棚田倶楽部や静岡大学棚田研究会メンバーの指導のもと、棚田オーナー制度の登録者など390人が参加しました。

参加者は、楽しそうに声を掛け合いながら、稲を収穫していました。

収穫されたお米は、精米されて11月頃各オーナーの元へ届けられます。

せんがまちの棚田周辺では、茶草場農法が盛んに行われており、多様な動植物が生息しています。当協議会は、これからもせんがまちの棚田周辺での活動を応援していきます。

 

【稲刈りの様子】

2018年10月02日
「静岡の茶草場農法」体験イベントのご案内

島田市農林課は、「静岡の茶草場農法」のお茶を使ったお茶作り体験のイベントを下記のとおり企画しました。茶草場農法の実践認定者の方から直接お話を聞ける貴重な機会です。農業や茶草場農法について、楽しく学んでみませんか?

 

概要


1 日  時 ①平成30年11月25日(日) 午前10時から午後3時

②平成31年 2月 2日(土) 午前10時から午後3時

 

2 集合場所 JR島田駅 午前9時集合

島田市伊久美農産物加工体験施設「やまゆり」 午前10時集合

(島田市伊久美5202)

 

3 内  容

①「酸柑茶」作りと試飲体験

酸柑茶は、柑橘類の果肉をくり抜き、茶葉と果肉を混ぜ、皮に戻して乾燥させる珍しいお茶です。イベントでは、茶葉を柑橘の皮に詰める作業の体験と酸柑茶の試飲ができます。

②「寒茶」作りと試飲体験

寒茶は、冬に収穫されるお茶のことです。イベントでは、冬に摘んだ茶葉を炒る、揉むなどの作業をし、お茶に仕上げます。また、仕上げたお茶を煮出して飲む体験もできます。

 

4 参 加 費 無料

 

5 募集人数 各回15人程度

※ただし、定員になり次第締め切らせていただきます。

 

6 申込方法 電話またはFAXで申込書を送付してください。

 

7 申 込 先 島田市農林課(〒427-8501 島田市中央町1-1)

TEL:0547-36-7409 FAX:0547-37-8200

 

8 申込期限 ①平成30年11月 7日(水)

②平成31年 1月16日(水)

 

詳細はチラシをご覧ください。

 

2018年09月27日
静岡市内のイベントに「静岡の茶草場農法」のお茶商品が販売されます

9月29日、30日に静岡市内で開催されるイベント「マルシェフ」に、「静岡の茶草場農法」の実践認定者である牧之原市の杉田製茶様と菊川市のsan grams様(マルシェフでの出店は静岡店)が出店し、「茶草場農法」で生産されたお茶を使った商品を販売します。この機会にぜひお買い求めください。

 

日時 2018年9月29日(土)、30日(日) 10:00~17:00

会場 東静岡駅北口広場

JR東静岡駅から徒歩1分、静岡鉄道長沼駅から徒歩5分

内容 地元の食を盛り上げたいという想いを持った県内の生産者、シェフ、飲食店が集まるマルシェイベントです。

出展内容

杉田製茶様 マーケットブース内「まきのはらファーマーズ」にてやぶきた紅茶、べにふうき紅茶の試飲・販売

san grams様 マーケットぶーすにて煎茶ソーダ、シングル茶、お茶菓子の販売

 

詳細はチラシまたは下記のページをご覧ください。↓

https://marchef.esz.co.jp

【杉田製茶様 紹介写真】

【やぶきた紅茶】

【マルシェフチラシ】

  

2018年09月11日
世界農業遺産とティーペアリングを楽しむ会 in Autumn,in Winterの開催について

世界農業遺産「静岡の茶草場農法」認定5周年イベントとして9月9日に開催された「世界農業遺産とティーペアリングを楽しむ会 in Summer」は、24名の方にご参加いただき、茶草場農法のお茶とフレンチとのペアリングを楽しんでいただきました。参加者に実施したアンケートでは多くの方から大変満足したとの声が寄せられました。

当協議会では、夏のイベントに続き、「世界農業遺産とティーペアリングを楽しむ会 in Autumn,in Winter」の開催を下記のとおり予定しています。皆様のご参加をお待ちしております。

 

【世界農業遺産とティーペアリングを楽しむ会 in Autumn】

1 日程 平成30年10月3日(水)~11月30日(金)

※当初、10月2日(火)からとご案内していましたが、10月3日(水)からに変更となりました。

2 会場 ルモンドふじがや(静岡市葵区昭和町6-1)

JR静岡駅から徒歩7分。駐車場はありませんので、近隣の有料駐車場をご利用ください。

3 内容 茶草場農法のお茶とルモンドふじがやの絶品鉄板焼のティーペアリングをお楽しみください。

ランチ:11:30~13:00 ディナー:18:00~20:30(ご予約可能な開始時間)

4 費用 ランチ:5,000円(税込) ディナー:10,000円(税込)

5 予約・問い合わせ先 ルモンドふじがや

お電話またはインターネットで受付をしています。ご予約の方は3日前までにお申込ください(月曜定休)。 TEL:054-251-0066 「ぐるなび ルモンドふじがや」で検索

詳細はチラシをご覧ください。

 

【世界農業遺産とティーペアリングを楽しむ会 in Winter】

1 日程 平成30年12月1日(土)

2 会場 ABBA RESORTS IZU 坐漁荘(伊東市八幡野1741)

3 プログラム 森閑な空気に包まれた伊東市の高級旅館坐漁荘にて、茶草場農法のお茶と旬の食材を活かした、フレンチのティーペアリングをお楽しみください。

ランチ①:11:00~12:30 ランチ②:13:15~14:45

※当初、ディナーの募集をしていましたが、ランチ2部制に変更となりました。

お茶の淹れ方体験、お茶の品種飲み比べや世界農業遺産に認定された「静岡水わさびの伝統栽培」で生産されたわさびの味比べといった体験プログラムを同時開催します(10:00~17:00)。

※開始時間等は変更となる場合があります。ホームページから最新の情報をご覧ください。

4 費用 10,000円(税込) お土産・入浴付き 

5 申込・問い合わせ先 世界農業遺産「静岡の茶草場農法」推進協議会

電話、メールまたはFAXで受付をしています。お名前、住所、当日の連絡先をお伝えいただき、お申込ください。11月28日(水)午後5時で申込を締め切らせていただきます。

TEL:054-202-1488 FAX:054-202-1480

E-Mail:shizuokanochagusaba@gmail.com

(事前予約制 各先着30名)

詳細はチラシをご覧ください。

【世界農業遺産とティーペアリングを楽しむ会 in Summer 当日の様子】

  

 

【世界農業遺産とティーペアリングを楽しむ会 in Autumn チラシ】

 

 

【世界農業遺産とティーペアリングを楽しむ会 in Winter チラシ】

2018年09月06日
第5回東アジア農業遺産学会(ERAHS)に参加しました

8月26日(日)~8月29日(水)に和歌山県日高郡みなべ町で開催された第5回東アジア農業遺産学会に参加しました。

東アジア農業遺産学会は、日中韓3か国の関係者が集まり、世界農業遺産を発展させる上での協力の重要性を認識し、研究交流をするための学会で、毎年行われています。

現在、世界農業遺産は、21か国52地域が認定されていますが、半数以上を日中韓の3か国で占めています。

今回の学会では、全体で約300名の参加者があり、協議会からは、茶草場農法実践認定者や行政担当者など11人が参加しました。

学会では、世界農業遺産を維持・継承するための各地域の特色ある取組の発表等が行われました。

「静岡の茶草場農法」は、静岡大学農学部の学生により、ポスターで事例発表を行った他、国連大学サステイナビリテイ高等研究所の永田明先生にも、協議会の取組を取り上げていただきました。

この学会で学んだことを活かし、協議会の活動推進に取組んでまいります。

2018年08月27日
世界農業遺産「静岡の茶草場農法」のお茶が最高金賞受賞!!

世界農業遺産「静岡の茶草場農法」のお茶を使用した、原田園様(掛川市)の「静岡の茶草場農法◇東+⋀二(ヒシトウプラスヤマニ)SHORTY」が(公財)世界緑茶協会が主催する「世界緑茶コンテスト2018」の最高金賞を受賞しました。

この品評会には、日本、中国、台湾、韓国、トルコ、インドネシアから計70点が出品され、ふじのくに茶の都ミュージアムを会場として8月23日から24日に審査が行われました。最高金賞を受賞した原田園様おめでとうございます。

 

世界緑茶コンテスト2018審査結果

 

2018年08月21日
築58年の古民家を改装した休憩所「ちゃまり場」がオープン!!

世界農業遺産「静岡の茶草場農法」の実践地域である掛川市東山の粟ヶ岳のふもとに、8月11日、休憩所「ちゃまり場」がオープンしました。茶草場の実践地域をハイキングやサイクリングで訪れた方々に憩いの場を提供する取組で、お茶や里山の新たな価値観を提案しています。皆様も、是非「ちゃまり場」で、癒しの時間をお過ごしください。

 

開放時間は火曜日、木曜日、土曜日、日曜日の午後1時~7時。

所在地 〒436-0001 静岡県掛川市東山1172-3 株)ショータイム1階

 

問い合せ ㈱ショータイム 0537-29-5588

2018年08月21日
ケニア・ガーナの国連食糧農業機関関係者らが認定地域を視察(8月16日)

本視察は、国連食糧農業機関(FAO)駐日連絡事務所の実施するプログラムの一環として行われたもので、アフリカと日本の連帯組織や関連機関の交流を促進し、持続可能な農業や生産システムなどに関する学びの機会を提供することを目的としています。

8月16日に行われた視察では、世界農業遺産「静岡の茶草場農法」のほか、今年3月に開館した茶の都ミュージアム、地域住民が主体となって維持継承している「せんがまちの棚田」の取組を学びました。

視察参加者から、多くの学びがあり、母国に帰ってからそれを伝え、今後の活動に活かしていきたいとの感想を受けました。

2018年08月02日
【募集終了しました】世界農業遺産「静岡の茶草場農法」認定5周年記念イベントを開催します

「世界農業遺産とティーペアリングを楽しむ会 in Summer」は好評につき、定員に達しましたので、募集を終了いたしました。

秋・冬にもイベントを開催する予定です。詳細が決まり次第、お知らせいたします。

 

 

 

世界農業遺産「静岡の茶草場農法」は、平成25年5月に世界農業遺産に認定されてから5周年を迎えました。これを記念し、協議会では夏から冬にかけて認定5周年記念イベントの開催を予定しています。

夏のイベントとして、「世界農業遺産とティーペアリングを楽しむ会 in Summer」を下記のとおり開催します。多くの皆様の参加をお待ちしております。

 

1 日   程 平成30年9月9日(日) 11:00~14:00

 

2 会   場 静岡ガスエネリアショールーム静岡(静岡市駿河区八幡1-5-38)

JR静岡駅から徒歩7分 駐車場に限りがありますので、なるべく公共交通機関をご利用ください。

 

3 プログラム 11:00~12:00 世界農業遺産「静岡の茶草場農法」の紹介

茶草場農法を実践する農家が茶草場農法にかける思いとこだわりを語ります。

12:15~13:40 茶草場農法のお茶とフレンチコースのティーペアリング

伊東市にある高級旅館「ABBA RESORTS IZU 坐漁荘」の洋食料理長 山本晋平シェフが腕によりをかけたお茶とフレンチの極上の組合せお提供します。

 

4 費   用 4500円(税込)

 

5  申 込 方 法 電話またはメール、FAXにお名前、当日の連絡先を記入し、お申込ください(事前予約制 先着24名)。

 

6 申込・問い合わせ先 世界農業遺産「静岡の茶草場農法」推進協議会

電話:054-202-1488 FAX:054-202-1480

E-Mail shizuokanochagusaba@gmail.com

詳細はチラシをご覧ください。

 

 

2018年07月09日
「静岡水わさびの伝統栽培」世界農業遺産認定フォーラムでお茶のおもてなしをします

平成30年3月に世界農業遺産に認定された「静岡水わさびの伝統栽培」を周知・継承していくため、「静岡水わさびの伝統栽培」世界農業遺産認定フォーラムが下記のとおり開催されます。国内で唯一、世界農業遺産認定地域を2つ持つ静岡県の魅力を多くの人に知っていただくため、当協議会もブース出展し、茶草場農法で生産されたお茶でおもてなしいたします。

 

日  時 平成30年7月23日(月) 14:00~17:00

会  場 修善寺総合会館(伊豆市修善寺838-1)

内  容 14:00~15:00 サイドイベント(わさびグルメの試食やジオリアの見学)

15:00~17:00 記念フォーラム

費  用 入場無料(記念フォーラムへの参加には事前申込みが必要です)

申込方法 インターネット、FAX、電話にて主催者へお申込みください。

申込締切 7月17日(火) 詳細は添付のチラシを御参照ください。

主  催 静岡わさび農業遺産推進協議会、静岡県

ホームページへのリンクhttps://shizuoka-wasabi.jp

 

2018年07月06日
『夏の和紅茶作り&せんがまち棚田と茶草場農法を学ぼう』の実施について

明日(平成30年7月7日)開催が予定されている『夏の和紅茶作り&せんがまち棚田と茶草場農法を学ぼう』について、悪天候により実施が困難になる可能性があります。

イベントの実施については、当日の朝7時の天候状況により決定し、「棚田ブログ」でお知らせをする予定ですので、イベントに参加予定の方は、下記のリンクの情報を御参照ください。

棚田ブログ:http://www.tanada1504.net/sengamachi/

2018年07月02日
菊川市で『夏の和紅茶作り&せんがまち棚田と茶草場農法を学ぼう』が開催されます

世界農業遺産「静岡の茶草場農法」で育てた茶葉を使った紅茶作り体験が下記のとおり行われます。茶葉を自分で揉み、その後発酵させれば、その日のうちに紅茶ができます。家に持ち帰り、家族と一緒に自分で作った紅茶を飲みませんか。小さなお子様でも体験できるプログラムとなっています。

 

日  時 平成30年7月7日(土) 午後1時~午後5時30分を予定

場  所 上倉沢公会堂(菊川市倉沢1121-1)

アクセス:http://www.tanada1504.net/access.html

募集人数 20名(募集状況は「棚田ブログ」を御参照ください。)

http://www.tanada1504.net/sengamachi/archives/10203

内  容 前半:和紅茶作り

後半:茶草場農法、棚田せんがまちの紹介

主  催 NPO法人せんがまち棚田倶楽部

応募方法 「棚田ブログ」の掲載記事からメールでお申し込みください。

 

〈イベントの様子〉

  

2018年06月06日
茶草場を舞台とした絵本「はるのたなだで」の贈呈式開催(菊川市)

6月2日土曜日、菊川市倉沢の棚田「せんがまち」において田植えイベントが行われ、開会式の中で「せんがまち」と隣接する茶草場を舞台とした絵本「はるのたなだで」の贈呈式が開催されました。贈呈者は菊川市長をはじめ、絵本制作に携わった棚田を管理するNPOや協賛企業、学生ボランティア団体が務め、市内の幼稚園・保育園に通う園児、中学生の代表者6人に手渡されました。今後、絵本は菊川市内の図書館や公共施設に配架され、「せんがまち」と伝統農法である茶草場農法の認知度向上に役立てます。

2018年05月22日
平成30年度総会の開催

世界農業遺産「静岡の茶草場農法」推進協議会は、平成30年5月21日に静岡県庁で平成30年度の総会を開催し、昨年度の実績や本年度の計画について検討しました。今年度は認定されてから5周年を迎えることから、これを記念したイベントの開催を予定しております。会員の皆様から貴重なご意見を頂いたので、今年度の活動に生かしていきます。

2018年04月25日
平成30年度 知事への新茶贈呈式

本日は、静岡県庁別館21階の展望ロビーにおいて、静岡県知事への新茶贈呈式が行われました。平成30年産の摘みたての瑞々しい新茶を、県下の茶生産者、茶商工業者の代表及び14産地の茶娘から、知事に贈呈し、静岡新茶の魅力を発信しました。
世界農業遺産「静岡の茶草場農法」認定地域から参加した茶娘の皆さんも笑顔で、各産地のお茶をPRしました。

2018年04月04日
世界農業遺産「静岡の茶草場農法」応援制度のご紹介

 

世界農業遺産「静岡の茶草場農法」応援制度の紹介ページを追加しました。
この農法の継続・継承には実践農家の努力に加え、皆様の幅広い御支援、御協力を必要としております。

 

詳しくはこちらから>>

2018年03月16日
東京都で茶草場農法のPRイベントを開催します。

世界農業遺産「静岡の茶草場農法」推進協議会は、茶草場農法の認知度向上とブランド力の強化を図るため、東京都でPRイベントを開催します。茶草場農法でお茶を生産されたお茶の試飲販売の他にも、茶草場農法を紹介するステージや茶娘による呈茶サービスなど、魅力満載のイベントになっています。

皆様の御来場を心よりお待ちしております。

イベント概要

 

イベント名 静岡お茶フェア

日   時 平成30年3月17日(土) 10:00~18:00

 3月18日(日) 10:00~17:00

会   場 東京シティアイ 観光・ビジネス情報センター横 パフォーマンスゾーン

(東京都千代田区丸の内2丁目7-2 KITTE地下1階)

内   容 世界農業遺産「静岡の茶草場農法」の認定地域でお茶を生産している茶農家

によるお茶の販売

茶娘による呈茶サービス

東京農業大学による「茶草場農法」をテーマとした研究の発表 ほか

静岡お茶フェア 詳細

 

 

 

 

 

 

 

 

2018年01月22日
茶草場農法実践者認定制度の紹介ページを追加しました

世界農業遺産「静岡の茶草場農法」推進協議会は、環境保全の啓発、茶草場農法によるお茶のブランド化、茶草場農法の継承、地域の活性化を目的に、茶草場農法の実践者を認定しています。

詳しくはこちらから>>

 

2018年01月04日
「静岡の茶草場農法」認定地域のおすすめスポットをHPに追加しました‼

世界農業遺産「静岡の茶草場農法」推進協議会のHPに認定地域のおすすめスポットを紹介するページを新たに追加しました。おすすめスポットは協議会HPの「茶草場農法へのアプローチ」のリンクまたは下記のURLよりご参照いただけます。

茶草場農法の認定地域を訪れる際にご活用ください。

 

おすすめスポット

〈掛川市〉

https://www.chagusaba.jp/wp/archives/19

〈菊川市〉

https://www.chagusaba.jp/wp/archives/464

〈島田市〉

https://www.chagusaba.jp/wp/archives/424

〈牧之原市〉

https://www.chagusaba.jp/wp/archives/476

〈川根本町〉

https://www.chagusaba.jp/wp/archives/408

2017年12月19日
天浜線 菊川市 春色先取り体験ツアーが開催されます

天竜浜名湖鉄道と菊川市がコラボして春を先取りする体験ツアーが下記のとおり開催されます。世界農業遺産「静岡の茶草場農法」実施地域と倉沢の棚田「千框(せんがまち)」を地元のNPOの方が案内するほか、菊川市内の黒田家代官屋敷(当日は梅まつりを開催中)の見学、イチゴ狩りの体験も行います。ぜひご参加ください。

日  時 平成30年2月12日(月・祝)午前9時30分~午後4時40分頃

集合場所 天竜浜名湖線天竜二俣駅に午前9時30分に集合

料  金 大人3,900円、小人2,800円(金額は税込額で、貸切バス代、昼食代、

 イチゴ狩り代、天浜線1日フリー切符代含む)

内  容 天竜浜名湖鉄道・貸切バスを利用し、倉沢の棚田「千框」の見学、

 黒田家代官屋敷の見学、イチゴ狩りの体験

募集人数 40名(最少催行人数20名)

申  込 先 天竜浜名湖鉄道営業課(℡:053-925-2276)

※詳細はパンフレットをご参照ください。

https://www.chagusaba.jp/wp/wp-content/uploads/2017/12/チラシ.pdf

 

 

2017年11月01日
島田市茶草場農法体験イベントについて

島田市農林課は、世界農業遺産に認定された「静岡の茶草場農法」を体験できるイベントを企画しました。茶草場の草を刈る体験、草を束ねて干す体験、乾燥させた草を茶園の畝間に敷く体験などをとおして、地域の農業について楽しく学んでみませんか?

概 要

事  業  名:世界農業遺産「静岡の茶草場農法」体験イベント(島田市)
日     時:H29.11.18(土) 9:00~12:00
※雨天の場合は、翌日19日(日)9:00~12:00に延期
場     所:島田市切山地区 切山新田集会所(島田市切山1585-1)
参加募集:一般応募者 15名程度
行  程:※JR金谷駅からの送迎を行います。
9:00  JR金谷駅集合
9:20  切山新田集会所集合(マイカー参加者合流)
■体験イベント
主催者挨拶、概要説明、トイレ休憩
<徒歩で茶草場体験現地まで移動>
茶草場にて草刈、茶園への草入れなどを体験。集会所に戻り、お茶試飲 など
(マイカー者は現地解散)
12:00 JR金谷駅解散

参 加 費:500円 (作業経費及びお茶のおみやげ代として徴収)
内   容:茶草場農法実践認定者の茶草場及び茶園において、里山の景観や植生物の観察と、茶草場農法の体験(草刈や茶園への草敷き 等)、お茶の試飲等を予定しています。
そ の 他:イベント傷害保険加入あり(主催者で加入しています。)

H29秋_茶草場体験イベントちらし

問い合わせ先:島田市役所農林課
℡ 0547-36-7409

2017年06月30日
グリーンツーリズム事業『夏の和紅茶作り&せんがまち棚田と茶草場農法を学ぼう』開催のお知らせ

※好評につき、申し込みは定員に達しました。

NPOせんがまち棚田倶楽部は、世界農業遺産「静岡の茶草場農法」で育てた茶葉を使って紅茶作り体験を行います。茶葉を自分で揉み、その後発酵させれば、その日のうちに紅茶ができます。家に持ち帰り、家族と一緒に自分で作った紅茶を飲みませんか。小さなお子様でも体験できるプログラムとなっています。

 

<概要>

1 日 程 平成29年7月8日(土曜日)午後1時~午後3時30分

2 場 所 上倉沢公会堂:菊川市倉沢1121-1

3 内 容 前半:和紅茶作り、後半:茶草場農法、棚田せんがまちの紹介

4 申込先 NPOせんがまち棚田倶楽部 共催:菊川市茶業協会

担当者 事務局長 堀 延弘(090-3251-1390)


2017年05月29日
世界農業遺産「静岡の茶草場農法」ロゴマークが決定しました。

 

世界農業遺産「静岡の茶草場農法」推進協議会は、平成29年5月29日(月)に総会を開催し、国内外から応募のあった304作品の中から決定したこの農法を象徴するロゴマークを発表しました。

 

御応募くださいました皆様に心より感謝申し上げます。当推進協議会は、このロゴマークを活用して統一したPR活動や交流の拡大に向けて取り組んでまいります。

2017年03月24日
世界農業遺産「静岡の茶草場農法」情報発信サイトOPEN

世界農業遺産「静岡の茶草場農法」情報発信サイトをOPEN致しました。

世界農業遺産である「静岡の茶草場農法」のご紹介をはじめ、

周辺地域(掛川市・島田市・牧之原市・菊川市・川根本町)の観光情報や、

おすすめのビュースポットなどもご案内してまいります。

 

問い合わせフォーム
各種お問い合わせはこちらからどうぞ
世界農業遺産 静岡の茶草場農法
世界農業遺産「静岡の茶草場農法」
推進協議会
【事務局】静岡県経済産業部農業局お茶振興課内
〒422-8067 静岡県静岡市駿河区南町14-1水の森ビル3階
TEL: 054-202-1488
世界農業遺産に認定された「静岡の茶草場農法(しずおかのちゃぐさばのうほう)」公式情報発信サイトです。茶草場農法は、良質な茶生産と生物の多様性保全が両立する世界的にも貴重な農業文化です。このサイトでは、茶草場農法をより知っていただくための情報として観光や撮影スポット、アクセス等をご紹介していきます。
Copyright (c) 2017 Shizuoka Prefecture. All Rights Reserved.
TOPページ
世界農業遺産の紹介
静岡の茶草場農法
茶草場へのアプローチ
茶草場農法が守る自然
茶草場を旅しよう
茶草場のお茶を買う
第2期アクションプラン
世界農業遺産「静岡の茶草場農法」応援制度
資料ダウンロード
プレスリリース/ギャラリー
動画ギャラリー
リンク
応援ロゴマークについて
茶草場農法実践者認定制度
お問い合わせ